バーミャン定食

三国ヶ丘FUZZブッキングのバーミャンです。

📎

 

 

こんにちはバーミャンです。

 

 

 

MIKROCK’18が終わりました。

関わって頂いた皆様、本当にありがとうございました。

 


MIKROCK’18の開催を発表したのが今年の春頃。

約半年間全力で頑張ってきたものが終わって、少し寂しいような、なんとも言えない気持ちです。

 


まずアーティストの皆様へ、MIKROCK’18を盛り上げて頂きありがとうございました。

ライブ全てを観ることは叶わなかったのですが、聞こえてくるMCはMIKROCKへの思いがほとんどで、田原さんの気持ちが伝わっているのがわかりました。

MIKROCK’18を通して、一歩でも前進してもらえてたら嬉しいです。

それが私たちの願いの一つでもあります。

オーディションに参加して頂いた方も本当にありがとうございました。

MIKROCKを目標にしてくれている事が本当に嬉しかったです。

これからもずっと皆さんの目標であり続けるために、なんとかしてMIKROCKを続けていきたいと思っています。

 


そしてボランティアスタッフ・FUZZスタッフの皆様、MIKROCK’18を一緒に作って頂き本当にありがとうございました。

去年ボロボロの運営で迷惑をかけてしまった分、今年はなんとか円滑に働いてもらいたいと思いながらずっと準備していました。

それでもしてあげられなかった事がたくさんある中、率先して動いてくれる方ばかりで本当に助けられました。

二日間無事に開催できたのは皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

 


最後にお客様へ、MIKROCK’18にご来場頂き本当にありがとうございました。

当日たくさんのお客様が楽しまれている様子を見てワクワクすると同時に、

全員を笑顔で帰さなければ、と主催としての責任を現実に感じたのを覚えています。

知らなかったアーティストに出会えたりと、何か新しいきっかけはあったでしょうか。

皆さんの人生を少しでも変える事が出来ていたら嬉しいです。

 

 

 

 


運営として携わるのは二度目のMIKROCK。

今年もMIKROCKを作り上げる事が出来て幸せでした。

改めてこの仕事が好きだ、と思いました。

 


MIKROCKと三国ヶ丘FUZZは、皆さんにとったら地元でやってるお祭り、地元の小さなライブハウス、かもしれない。

でも私にとっては「いちばん」のもの。そういう人生を生きています。

 


田原さんの夢が私の夢です。

私たちの夢を叶えてくれて、ありがとうございました。

 


まだまだ進み続けます。

 

 

 

バーミャン

 

 

f:id:bamiyan15:20181027002320j:image

f:id:bamiyan15:20181027002419j:image

f:id:bamiyan15:20181027002327j:image

 

 

🍑


こんにちはバーミャンです。

 

突然の報告で驚かれた事と思います。
私も驚いています。

 

まさか田原さんと結婚するなんて!

 

田原さんと出会う前までは結婚なんて考えた事も無かったんですけど。
でも田原さんに「夢が一緒の人と結婚したい」と言われて。
確かに結婚ってそういう事なんかもしれんと思い、二人で歩んで行く事に決めました。

 

私の夢は田原さんの夢が叶うこと。
だからMIKROCK'17では運営に携われた事、田原さんの夢を応援できた事がすごく嬉しかった。

 

夢も目標も無くふらふらしてた私にブッキングという道を教えてくれて。
人間としても一緒にいて気が楽で、毎日大笑いして、本当に幸せで。
私も何かこの人の為になる事をしたい、この人を支えていけたらいいなあと思って、今FUZZにいます。
結婚したからってFUZZはやめません。
むしろ結婚したからこそまだまだFUZZで頑張ります。

 

私たち強くなれると思います。
お互い支え合って生きていきます。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

 

バーミャン

 

 

 

まる初めてのお友達🌞

f:id:bamiyan15:20170922195037j:image

📎


こんにちはバーミャンです。

 

MIKROCK'17が終わりました。

思った事がありすぎて筆を執るのが遅くなりました。

 

MIKROCK'17は、私の集大成といった感じです。
昔の私では考えられないぐらい成長したなあ、出来るようになったなあと思った事もあるし、今の私では手に負えないぐらいの問題もいっぺんに降りかかってきて、今の私の実力を知れました。

 

休み無しで毎日徹夜で作業して準備できてたつもりやったけど当日うまく動けなかったのは何度考えても悔しいし何より申し訳無かった。
アーティストやお客様やボランティアスタッフのみんなに迷惑をかけました。本当にごめんなさい。

 

終わって反省点書き出していったらずらずら書けていって手が止まることが無かった。
ごめんなさいごめんなさいと思いながら書いていってた。

 

みんな思うところあったと思う。
至らない点ばかりでした。申し訳ないです。
初めて作ってみて当たり前やけどフェスは難しいと感じて。で、無料やと尚更難しい。
私だってお客さんで来てたらそう思うやろなあって意見もあったし、でも田原さんがめちゃくちゃ悩んで今回のようなシステムにしたのも知ってるし、難しいとしか言いようが無い

 

もっと頑張って何とかして改善して絶対にみんなが楽しめるフェスにする。
待っててください。

 

MIKROCK'17を通して私の未来が見えたような気がしました。
今はできないことだらけでみんなに迷惑かけてばっかりやけどいつかちゃんとした人間になりたい
もっとしっかり仕事したい

 

FUZZを好きな人と一緒にFUZZやMIKROCKを作りたい。
空っぽの人はいらない

 

田原さんの夢が叶って良かった。
私の生きる道を教えてくれた田原さんに恩返ししたいという一心で今FUZZにいる。
その中でできることは何でもやる。
もっと頑張ります。

 

MIKROCK'17悔しいし楽しかった。こんな感情があるんですね

 

現実的な問題をこんな曖昧な言葉でまとめたらだめかもしれないけど書いてたら何か涙出てきたのでもうやめます。
もっとアーティストとかボラスタの事とか書きたかったんですけど。ぐちゃぐちゃな文章でごめんなさい
MIKROCK'17本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

バーミャン

 

 

 

追記、

リプで「MIKROCK'17楽しかった」って言ってくれる方たくさんいて救われる思いです。ありがとうございます。
そんな中で私が「悔しい」って言うのは楽しんでくれた皆さんに失礼なのかもしれない。
でも今まで頑張る事をせず生きてきて、このMIKROCKで人生で初めて頑張る事ができた、そして頑張ったけどできなかったていう気持ちを知れました。
生きてる!って感じがします
悔しいって良いですね。一生忘れんとこう

 

🍬

 

こんにちはバーミャンです☺︎

 

三国ヶ丘FUZZのブッキングになってから、先月で一年経ちました。
ブッキングになって一年経ったら自己紹介しようと思っていたので、今日は自己紹介(という名の自分語り)をします。

 

長くなるので暇な時に読んでください。

 

三年前、たまたま見ていたMステでKANA-BOONに出会った事で、私の人生が変わりました。
その頃は音楽には興味が無かったけど、気付けば「シルエット」を披露していた彼らに釘付けになっていました。
音楽って凄いという衝撃を与えてくれたKANA-BOONは、今もなお私にとって特別な存在です。

 

それからは行った事も無かったライブやフェスに何度も行ったりと、こんな世界があったのか!と毎日を楽しんでました。
ディッキも履いてたなあ。懐かしい。

 

三国ヶ丘FUZZを知ったのはその頃です。

 

当時、私は舞台の裏方について学べる専門学校に通っていました。
特に照明が好きで、できることならFUZZで照明スタッフとして働きたいなあなんて思ってました。

 

夏頃、三国ヶ丘FUZZ店長の田原さんが、照明見習い募集についてツイートされました。
私は震える手で田原さんにDMを送りました。

 

一週間後、FUZZ照明スタッフとしての日々が始まりました。
見学から始まり、少しずつ照明スタッフの仕事内容を理解していって、1人で照明ができるようになった日はとても嬉しかったです。

 

正直照明は下手くそで、シフトに入れるのは一ヶ月に一回とかでした。
でもその一回が本当に楽しかった。
初めのうちは少しミーハーな気持ちもあったけど、仕事をしていく内に、FUZZというライブハウスそのものが好きになっていきました。

 

その頃にはもう、どんな形かはわからないけれど、私はずっとFUZZにいるんだろうなという確信のようなものがありました。

 

2016年5月、MIKROCK'16が開催されました。
当日私はヒコイチステージの足回りスタッフとして参加しました。

 

ステージの横から見るお客さんとアーティストさんの楽しそうな笑顔に、私も嬉しくなりました。
こんな笑顔を作れる人間になれたらいいなあと思ったのを覚えています。

 

数日後、スタッフ打ち上げにて田原さんとお話ししました。
FUZZの現状、今後のMIKROCKについて等々。
その頃にはもうブッキング・ジャスミンさんが6月末で一旦産休に入られる事が決定していました。
だからブッキングになってそこを埋めてほしい、一緒にFUZZをつくっていってくれる人がほしいと言われました。

 

そんなお誘いを頂けて本当に嬉しかった。
でも、すぐには「やります」と言えませんでした。

 

ブッキングって、バンドを呼んでイベントを作り上げる仕事で、人と人との繋がりが大切です。
音楽の知識や責任感も必要だし、人前に立つ事もあります。

 

私は音楽は好きだけど詳しくないし、責任感も無いし、何より人が苦手だから、ブッキングなんてできるわけがない。

 

でも、これは転機だと思いました。
FUZZのために照明スタッフとして何ができるかばかり考えていたけど、ブッキングになるなんて方法があったかと。

 

心臓がバクバクしました。また人生が変わろうとしている。

 

そうして私は「三国ヶ丘FUZZブッキング バーミャン」になりました。

 

これが一年前の事。

 

冒頭に「ブッキングになって一年経ったら自己紹介しようと思っていた」と書きましたが、本当に書けるとは思ってませんでした。
まさか一年続けることができたなんて。

 

今も正直音楽に詳しくはないし、責任感も無いし、人は苦手なままです。
一年やってみたけどやっぱり向いてないなあとも思っています。

 

それでも、毎日楽しいと思えたから続けられたんだと思います。
FUZZにいると昨日と同じ一日を過ごす事は無い。
毎日人生が濃くなっていってるようです。

 

ブッキング二年目に突入した今、MIKROCK'17を目前にして思う事があります。

 

単純に、たくさんの人に遊びに来てほしい。

 

田原さんとジャスミンさんが企画し、私達スタッフやアーティストがその主旨に賛同し、成功を目指して全員で奮闘しています。
その一人ひとりの勇姿を見届けてほしい。

 

フェスを作るってこんなに難しくて大変な事だったのかと痛感する毎日ですが、去年見たようなみんなの笑顔をもう一度見たい。
今そのために頑張っています。

 

ふらふらと生きてきた私が珍しく本気になっています。
この一年で学んだ事を全て注ぎ込んで、当日まで駆け抜けます。

 

まずは一年間、ありがとうございました。
そして、この先もよろしくお願い致します。

 

本日22時、MIKROCK'17最終追加アーティスト発表です。

 

 

 

 

 

バーミャン